請求書など帳票の電子化による波及効果
「経理業務の内部統制と属人化防止」

請求書など帳票の電子化がもたらす経理業務の一気通貫

請求書などの帳票を電子化すると、経理業務を一気通貫で完了できる効果があります。

たとえば、経理スタッフが請求データを参照し、請求書を発行するツールにそのデータを入力し、請求書を発行しているケースで考えてみましょう。この場合、手作業による請求データ入力となるため、人的ミスが発生する可能性があります。さらに、請求書を作成した後は、内容に間違いがないかの確認が必要になります。これではミスが発生しやすく属人化にもつながりやすいので内部統制が有効に機能しない可能性があります。しかし、eco Deliver Express(エコデリバー)により請求書が電子化されている場合は、会計システムから請求データをエコデリバーに連動させるだけで請求書の発行が可能なのでミスを防止でき、ITシステムで請求書の発行までが一気通貫になります。

経理業務の内部統制の効果を期待できる

正しい請求データを元に正しいプロセスで請求書を作成する。その工程を1つに完結できれば人為的ミスや改ざんを防ぐことができ内部統制を推進できます。それと同時に信頼性と効率性の両方を高めることができるといえます。請求書など帳票の電子配信システムを導入すると会計システム側で確認・承認が済んだ請求データをもとに請求書PDFの生成、取引先様へ請求書PDFを届けるまでの工程を一気通貫で行うことができます。スタッフによる請求書作成、印刷、封入封緘という手作業と比較すれば、信頼性も高まり、時間も大きく短縮できます。

経理業務の属人化防止が期待できる

請求書や支払通知書などの帳票を取引先様に郵送している場合、通常複数人で2~3営業日かけているような4工程(帳票作成・印刷・封入封緘・郵便局出し)を帳票の電子配信システムによって自動化でき、いままでの作業工数をほぼゼロにまで圧縮することが可能です。とくにベテラン社員に頼って期日までに取引先へ郵送できていたようなケースでは、そのベテラン社員のスキルに頼らずに業務が回る仕組みを構築できます。

エコデリバーで内部統制や属人化防止に効果をあげた例

エコデリバーが経理業務の内部統制や属人化防止にどのような効果を与えたのか、その事例をご紹介します。

株式会社ツナグ・ソリューションズ様の事例

エコデリバーとクラウドサービス連携で内部統制対応と属人化防止を実現

経理業務の内部統制と属人化防止に貢献した事例として、株式会社ツナグ・ソリューションズ様をご紹介させていただきます。東証マザーズ上場への準備期間において、内部統制への対応と手作業だったコア業務をシステムで自動化する課題を解決すべく、エコデリバーをはじめとしたマルチクラウドシステム(複数のクラウドサービスを連携させて構築した基幹システム)によって内部統制対応と請求業務の自動化を実現されました。

eco Deliver Expressの概要資料や電子化を実現しコスト削減に成功した事例集

eco Deliver Expressの概要資料や請求書の電子化がどんどん進んだ成功事例をまとめた資料が
無料でダウンロードできます。他社ではどのように進めているのか、ご参考にどうぞ。